FC2ブログ

記事一覧

僕のヒーロー②~旅行者との夜 轟けワンフォーオール!~ 美女ナンパ後編


前編はコチラから→僕のヒーロー①~人生、一兆出来る~ 美女ナンパ前編



目の前を歩くおしゃれな彼女に声を掛ける。

大きなマフラーをかけてアーケードを一人カツカツと歩く彼女は、パッと見だけでもたか値6.5はあった。

そして服の上からでもはっきり分かる巨乳!


隣に並んだ。俺は声を掛けた。


「こんばんは!お姉さんむっちゃおしゃれっすね!」

「え?えへへっ(^^)」

話しかけた瞬間からすごく反応が良かった。

東京遠征の最後にも思ったことなのだが、
誰が言ったか、「中途半端な女性より美人の方が反応が良い」というのは本当だなあと実感した。

「てかめっちゃしまむらとユニクロ着こなしてるやないですかwwww」

「はwwちゃうしww」


反応が良いので、スルスルと並行トークを続けられた。

とにかく……笑顔が可愛すぎた。うん、たか値7!!


朗報:たかトシが今まで(告って)フラれてきたどの子よりもかわいいです!

悲報:薩摩のスト高専門・中さんに写真を見せたところ中値5とのことです

たか値ゆるすぎwwwwwww


photo01.jpg




三戸なつめ似、はさすがに盛りすぎだが、目や笑顔に三戸なつめ系ニュアンスが出ていた。
顔の輪郭や髪型(笑)は似てないけど。


夜の、薩魔の国T館のスト高はキャバ系やアパレル系に多く、清楚ふんわり系の美人は珍しかった。
ドタイプだ。


「てか、これからどこいくんすか?」

「めっちゃ行きたかったお店あるねん(*^^*)そこ行く!」

「へーどこなんそこ?てか、お姉さん薩魔の人?」

「ううん(*^^*) (東日本某県)から来たんよ(*^^*) 」


反応が良いその理由が一つ分かった。
彼女は会社から急に休みをもらい、そこで以前から興味のあった薩魔に旅行で来たらしい。
で、一時期関西に住んでいたことがあるらしく、だから関西訛りだった。
まるで中さんと話してるような親しみやすさだ!(笑)


「行きたかった店ってどこ?」

「〇〇ってお店!」

(知らんな~どこだろ)


並行トークを続けながら着いたのは……

某クラブ


が入っているビルの地下、家庭料理のお店だった。


「ここ、焼酎で有名なお店なんよ(*^^*)」

「へ~知らんかった」



ここにはサ〇ーナイトの日にさつまんこ会でクラブに乗り込みに来た以来だ。
地下にこんなお店があるのか。


すんなり家庭料理のお店in ww


既に常連さんがたくさん集まっていて、店内は賑やかな、されどアットホームな雰囲気に満たされていた。

「あら!○○ちゃんじゃない!」

「ただいまです(*^^*)」


彼女は数時間前にここに一回来たそうだが、その時は人が多すぎてお店のおかみさんに泣く泣く断られたそうだ。

「良かった~~!また来てくれて!」

「あはは(*^^*)また来るって言うたじゃないですか(^^)」

おかみさんは彼女が帰ってきてくれるのを待っていた様子だ。
そのやりとりを見守る部外者、俺(笑)。

「えと、そちらの方は?」

「あ、さっき話しかけられた人です(笑)」

「どうも(笑)」

「ゆっくりしていってくださいね(笑)」

彼女に紹介されて、笑
俺たちは席に着く。

で、以下彼女のことを「奈々子」とする。
歳は話してみる感じ、僕より4~5歳上だと思った。

奈々子「わ~!薩魔の焼酎楽しみ(*^^*)」

たか「飲みたかったん?」

奈々子「うん!たか君は飲まないの?」

たか「俺は……まー仕方ないから今日は飲むわ!(笑)」

奈々子「wほんま無理せんといてね?(笑)」

たか「はあ?笑 潰れねーし(笑)」



店内トークに入るわけだが、明確に意識していたことがある。
「楽しい雰囲気+Sキャラ」だ。
YASUさんから紹介された岡田尚也のTAVで、実録音声を聞きながらなんとなくこんなイメージで会話することを考えていた。

まあ今回は相手がよくしゃべってノリの良い子だったのでラッキーだったが、
イジッたり、「はあ?笑」とか「あー?笑」みたいな、気持ち強めな返しを心掛けた。

あくまで笑顔で、冗談だと判るように「楽しい雰囲気」の構築だけには気を使った。
でもまあこれには、大分お店のアットホームな雰囲気にも助けられた笑。


そんな僕のどうでもいい思惑より。
単純に、奈々子と話していて楽しかった。
彼女は自分の好きなこととか、興味のあることにまっすぐな性格で、楽しそうに良く喋るので
つられてこっちも楽しく聞くことができた。


たか「へー、○○県ってそんなところなんやな」

奈々子「うん。あんまり何もないけどね!そこと比べたら薩魔は都会やね!笑」

たか「そりゃここが薩魔の繁華街だからな(笑)俺の住んでるところとかは田舎だよ」

奈々子「えー!どんなとこ住んでるん?」


俺が自分の住んでるところについて話すと、彼女は「へー!私の○〇県は~~で~~」と、
焼酎を呷りながら、また自分の出身地について楽しそうに話していた。
てかほとんど彼女のおかげで、楽しい雰囲気の構築はできていた笑。


すると。奈々子の隣にいたお店の常連のおじちゃんが俺たちに話しかけてきた。

おじちゃん「お姉ちゃん、焼酎好きなんやな(^^)」

奈々子「はい(*^^*) 薩魔の芋焼酎、呑んでみたかったんですよ^^」

おじちゃん「ほうかほうか。この焼酎はな、黒霧島ちゅうて……」

奈々子「わ!聞いたことある!有名なやつですよね(*^^*)呑んでみたい^^」

焼酎について楽しそうに語るおじちゃん。楽しそうに相槌を打つ彼女。

初対面でお店の常連さんとすぐに打ち解ける彼女の人柄とコミュ力に、俺は傍から見て惹かれていた。


おじちゃん「よし、これは旨いからね、開けてみようか」

おじちゃんがおもむろにお店の瓶を一本開けた。
注文してもないのにwwwww

奈々子「えwwいいんですか?(笑)(笑)」

おじちゃん「大丈夫よ、大丈夫。あのね、見つからなければ……」

お店のお姉さん「……(じーっ)おとうさん、見てますからねー^^」

おじちゃん「ひょえtっっ??!くぁwせdrftgyふじこlp」

たかトシ奈々子「(^^)wwwwwwwwww」




本当にアットホームで良いお店だった。
狭い店内だが、それはお客さん同士の距離が近いということも意味していた。
ここに来ればお互いがすぐに仲良くなれる。そんな空気だった。



別のおじちゃん「お兄ちゃん、さっきトイレ行きたがってたよな?空いてるよー」

たか「あ、はい、ありがとうございます、じゃあ行ってきます!」


店のみんな「「「「いってらっしゃーい(*´▽`*)/」」」」



本当に、何なんだこの店は(笑)。

普段アポや連れ出しでオシャレなバーとかチェーンの居酒屋とかしか使わないから、
こんなに良い店があるのに気づけなかった。
そこに引き合わせてくれた彼女に、俺は少し感謝の念を抱いた。

楽しい雰囲気の中、俺は奈々子とのトークで少し突っ込んでみる。

たか「んで、奈々子は彼氏今何人いるん??」

奈々子「何人って……ww うーん、彼氏はいるけどね……」

表情が曇るというほどではないが、なんか含みがある言い方に、どうやら彼氏とそんなに
順調ではないらしいということが窺がえた。

これは……!

ちょっと下心が表情に滲みそうになったが、
「テイク意識を1mmも持つな」
「ギブるトークを意識しろ」

しゃおろんナンパブログのこの言葉を思い出して、努めて平静を装った。


そこで、今度は奈々子から話題を振られた。

奈々子「……かっこいいのに、何でナンパしてるの?笑」

たか「え?……まー、ノリじゃね?笑」


正直この段階では食いつきではなくてお世辞で言われてるんだと思っていた。


奈々子「ww……あー、あとね、この服しまむらじゃないから!笑笑」

たか「あーね、はいはい(笑)」

奈々子「ホントだから!w」



その後楽しい雰囲気は維持したまま、退店へ。

おかみさんが名残惜しそうに奈々子に話しかける。

おかみさん「本当に、また来て頂戴ね~~(´;ω;`)」

奈々子「はい(*^^*) 絶対また来ますね~~!(*´▽`*)」

たかトシ「ごちそうさまでした!」



おかみさんが最後まで優しい人だった。いい店でした。また来たい。



店を出て、また路上でトーク。

そこで衝撃の、っていうかまあまあこちらに有利な情報をキャッチw

彼女はこの薩魔旅行を急きょ決めたらしく、宿がとれなかったらしい。


とりま、二人でコンビニに行くことに成功。
「ほろよい」を買って公園へ。

手近なベンチに座る。



二、三彼女の知人の面白い話を聞いて、一段落した折。

奈々子「ちょっとトイレ行ってくるね!2分待ってて!」

そう言って彼女はベンチを離れた。



正直、逃げられたな、とここで思った。

でも良かった。
今日はマルさんとふざけナンパを楽しめた。
彼女と行った店は人が暖かくていい店だった。
マインド的に成長できた日だった。

だから、坊主でも満足して帰れると思っていた。


奈々子「ごめんね、お待たせ!」

彼女が戻って来た。

俺は少し笑った。


奈々子「ごめんね、めっちゃ待たせた!?もう2分経ってるっけ?」

たか「大丈夫だよ(笑)」

奈々子「ていうか今何時やろ……?」

たか「23時。あのなー、公園には時計っていうのがあるんだぞー(笑)」

俺はすぐ傍の時計を指さして言った。

奈々子「はー!気づかなかっただけだし!笑」


また二人で話した。

奈々子「かっこいいのに、何でナンパしてるの?(笑)」

また言われた。

※たかトシはカッコよくありません!

ただ前日に髪を美容室で切って、新しいニットの服買ったのでそれが刺さったのかなと思います

たか「さーなー笑」


奈々子「ナンパってどこまで期待して声かけてるの?(笑)」

彼女は関西でもナンパ何回かされたことあるそうだが、
忙しいのでとか言って断っていたそうな。本当かどうか知らないが(笑)

俺はまあ、テキトーに

たか「まあ、ノリじゃね?笑」

と答えておいた(笑)。


大分心の距離も近くなったかな、と思って話の折に頭ポンポンとかしてみたが、
全く嫌がるそぶりもないので、
お酒を飲み終わったところで移動を打診した。

たか「缶捨てにいこっか」

奈々子「そだね♪(*^^*)」



そのまま歩きながらまた他愛ない話。
正直、俺の心臓はドキドキしていた。
これから、彼女と。



ふと、グループLINEを見る。


マルさん『チェリ松(旧名)連れ出し子カワイイ♪』

マルさん『チェリ松がんばれ!』


マルさん、ありがとうございます!!



そして……


テルーホ、in。



奈々子「誘うの……上手いね!笑」

たか「え?笑」

奈々子「私ちょっと前までするつもりやなかったんよ笑」

知らんけど(笑)

俺がちょっとベッドの様子とか確認して戻ると、

ちょうど髪を解いていた彼女と目が合った。


もう目の色が変わっていた。


そのまま、体を抱き寄せてキスをした。



ベッドに行き、そこでも熱くキスをした。

キス気持ち良い(*^^*)


ドキドキした目をした彼女の服を脱がせる。

これは……すごい!

声を掛けた時からデカいなと思っていたが、脱がせたら爆乳だった。
揉んで吸って楽しんだ。


そしていよいよ……!

自分が納得いく可愛い子と。

photo05.jpg



体位はバッグ。

俺のフルカウルが……!



bokuno75_7.gif



ワン・フォー・オール!!!!!!!!


1000000000000(1兆)パーセント!!!!!

7fa0b2609886f3b285ead768b3d84ffe-88x300.jpg


デラウェア・デトロイト・Sooooooooooook!!!!!


IMG_0439-e1465792537326.png



奈々子「あ……あんあんあんあんっ!!(*´ω`*)」

たか「うおおおおおおおおおおおお!!!!」


はあ、はあ、……。



一段落して、彼女はベッドで休んだ。

俺は寝つけず、ベッドに座っていた。
ふと、彼女が脱いだブラに目が留まる。

タグのカップ数を確認。
じ……Gカップ!!!??

巨乳だとは思ってたがこんなにデカいとは……!


俺はすぐさま彼女に添い寝し、乳を揉み揉み。

奈々子「ん……んふふ(*^^*)」

たか「起きてただろ(笑)」

奈々子「ちょっとね……♪」


そのままキス。

セクロスよりキスの方が感じる(*^^*)


たか「そのさ……挟んで!」

奈々子「え?wいいよ」


パイズリ(*^^*)

エロ漫画で大好きだったプレイが、現実のものに……!笑
そんなに気持ちよくなかったけど笑


二回戦開始。

俺が、騎乗位が気持ちいいと言うと彼女が跨ってくれる(*^^*)

奈々子「ああん……たかちゃん、気持ちいい?」

たか「ん……ああ、気持ちいいよ」

奈々子「あん……わたし、たかちゃんにイってめっちゃ気持ちよくなって欲しいねん……」



自分のことより相手のことを考える彼女が、俺は本当に好きになっていた。

彼女が体を倒す。

ニュルン、とあそこが抜けたが、その代わりお互い貪るようにキスをした。


行為中、

奈々子「ねえたかちゃん、気持ちいい?」

奈々子「たかちゃん気持ちよくなってるかな……」

奈々子「たかちゃんにイって欲しい……」


とか何回か言われた。
多分なかなかイカないから心配されたんだと思う。

すまん、奈々子……
童貞期間が長すぎて、自分の手の刺激に慣れたせいでなかなかイカないんだ(笑)
そのせいで遅漏とかいうレベルではないくらいに(笑)(笑)

自分の右手の快感殺し(イマジンブレイカー)に視線を落とし、この時ばかりは心底恨む笑。


休憩。ベッドに添い寝。
ピロートークと言うのだろうか。

天井を仰ぎ見る俺に対し、彼女が横から話しかけてきた。

奈々子「たかちゃんモテるやろ?!笑」

たか「ん?んー笑」

奈々子「彼女とかおらんの?」

たか「まー特定の人はいないかな(笑)」

非モテなのでwwww


奈々子「私、たかちゃんだからついてきたんやで♪(*^^*)」

たか「本当か(笑)」

奈々子「ホンマやでっ♪」

知らんけど(笑)
ただ嘘でも、素直に嬉しかった。
俺も彼女に心惹かれていた。


奈々子「今、好きな人おらんの?」

たか「……目の前にいるけど?」

奈々子「はいはいw」


笑って目を逸らされた。
好きって気持ちは本当なんだけど笑


三回戦。
今度はテーブルを置いてる台に彼女を掴まらせて、立ちバッグ(*^^*)

奈々子「ああん……あんあんあん(*´ω`*)」

たか「はあ、はあ……」

ベッドに移る。

ちょっと胸を揉んだりしながら突きまくった。

今日の出来事は全て、本当に運に助けられたラッキーパンチだと思う。
それでも。

画像①3
※画像はイメージです

ああ、こんな可愛い子とエッチしてるんだ……と突きながら嬉しくなっていた。

中値は(略)   (笑)




奈々子「ああん……ああん、イく、イっても良い?……はあん、イッちゃう!!」


はあ、はあ……。※俺はイってません







またピロートーク。


奈々子「ナンパばっかりしてたらあかんでー」

彼女が横から、甘い声で言う。


奈々子「たかちゃん、絶対いい人見つかるで!(*^^*)」

もう見つかってるよ、と横を向いて彼女に言おうと思ったが、やめた。

代わりに、再び抱き寄せて唇を近づけた。
彼女は目を閉じてそれに応じた。




いつの間にかお互い眠りに付き。

気づくと朝に。


24時間やってる大衆食堂で朝食。

日曜の朝、食堂のテレビからはアンパンマンが流れる(笑)

奈々子「アンパンマンってまだやってるんだ(*^^*)」

たか「20年くらいやってんのかなー笑」


食事を済まし、薩魔の中央駅まで歩いて向かう。

途中も他愛ない話。

楽しい時間は、もうすぐ終わる。



次の観光名地へ向かう彼女と、バス待ちを一緒にする。

たか「さみーなー」

奈々子「はいっ」

彼女が自分のマフラーを俺にもかけてくれた。

優しい子だ。

俺は体を彼女の方にちょっと預けた。
この時間が続けばいいな、と思った。


我慢できなくなって、俺は彼女にちょっと来てと言う。

人の目のない駅地下まで降りて、

壁際でキスをした。

顔を近づけると、彼女の表情が少し綻んで、ちゅっとしてくれた。
嬉しかった。

部活に行く早起きな高校生に見られやしないかヒヤヒヤしたけどww

奈々子「若いね!笑」

戻る途中、彼女に言われた。


バスがやって来た。

俺たちは、そこで別れた。














違った形で出会ってたら、どうだったんだろう。
正直、彼女にしたいと思うくらいルックスも性格も自分の中で一番だった。
帰りの電車で、ORANGE RANGEの「花」をイヤホンから流しながら、俺はそっと目を閉じた。





















……はい、長々とお読みいただき、ありがとうございました。
先日の即でした。

今回、9.5割が運ですwwwwwwwwwwwww

再現性も低いと思います。


あえて残り0.5割上手くいった要因を挙げるとすれば、
マインドセットが上手くいったという点かなと思います。
マルさんとのコンビナンパなどを経て「ナンパを楽しむ」ことができていた日だったかなと思いました。
マインドを整えることの大切さを実感した日でした。
ルックスも性格もドタイプだったので、ナンパしてよかったと思える日になりました。


~~その日のさつま○こ会グループLINE~~

たか「即りました!」

中さん「ええええええwwww」
Jさん「えええええwwww」
カメ公「ええええええ」

いやいや俺が即ったのが意外だったんかいww
この日はカメ公準即、Jさん即で、薩魔に3即が生まれました!
いつもの如く、さつ○んこ会に感謝!
マルさん、本当にありがとうございました。次こそコンビ即ですね!

今回の件嬉しくてYASUさんにもメール。
このような報告がいただけて嬉しいという返信をいただきました。
YASUさんの暖かさに僕もうれしくなりました^^



ダウンロード (1)



元童貞でも、非モテ出身でも。
ナンパなら、自分好みの美女を必ずゲットできる日が、
ナンパやってて良かったなと思える日が来るのだと知りました。
ナンパで壁にぶつかる日があっても、必ず視界が晴れる日が来るのだと知りました!!
これは人生の中で大きな収穫でした。
正直僕はまだまだまだまだなので、これからもどしどし……


ん?なんかデジャビュだぞこの記事?

あ、そうか!この記事だ!


チェリー松本:オリジン ~童貞、卒業~ 【後編】


……って誰が童貞や!wwwwwww

p・sたかトシは未だに準即童貞です


















『大丈夫?無事帰れた?』
彼女を見送った翌日。
奈々子にLINEを送った。
返事は来なかった。既読の表示はいつまで経ってもつくことはなかった。
俺はそっとスマホを消した。
少し胸がじんじんと痛む。
俺は今日も、街へ出る。
もうすぐクリスマスだ。

エンディングテーマ:ELLEGARDEN 「サンタクロース」






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

めちゃくちゃ良い記事でした!
こんな出会いと別れがあるからナンパっていいですよね♡
また更新楽しみにしてます♡

即おめでとうございます!blogめっちゃ良かったですし、なかなかイイ子そうでしたが…最後は切なくナンパ師としての宿命ですかね(^^;

たかとし君に会ったのはまだチェリーだった頃だけなので、あの頃から凄く成長してるんだろうなぁ…また話聞かせて下さい\(^^)/

Gカップだったんかーい(^O^)/

コンビニでもっと視姦しとけば良かったww

あと数ヶ月、イケメンたかとしとコンビさせて下さいm(_ _)mw

Re: タイトルなし


>ひこまるさん

1コメありがとうございます!!
いつも応援ありがとうございます!

忘れられない日になりました!
本当ナンパすごいなと感じました。

それはそうとひこまるさんの最新ブログの子がこっちよりスト高で
うらやまです~~!笑

はじめまして(≧∇≦)
ひこまるさんのリツイートから飛んできました

彼女にとってもう連絡を取らないって決めてたんでしょうね。
でもそれは彼女にとって忘れられない人生の思い出に追加されたとしたらそれはそれですごい素敵なことだと思います!

すてきなブログでした!

Re: タイトルなし

>なお吉さん

コメントありがとうございます!

彼女にしたいくらいだったのですが……最後はやはり、という感じでしたね!

僕も薩魔で無双状態のなお吉さんに早く会いたいです(((o(*゚▽゚*)o)))

Re: タイトルなし

> マルさん

Gカップでしたww

今回マルさんとコンビナンパ楽しんだことが成功につながりました!本当にありがとうございました!

イケメンちゃいます(笑)
コンビぜひこちらからお願いします!!
マルさんのトークから学ぶことがまだたくさんあります!!

感動した!笑

ちなみにJはあの日即った子オンリーわんちゃんになりそうです( ̄∇ ̄)

とりあえず次はコンビ連れ出しからのセパorクルクル狙いましょう( ̄∇ ̄)

Re: タイトルなし

> ごく~さ。さん

コメントありがとうございます(*^^*)

そうですね、彼女にはまた彼氏とか仕事とか、地元での生活がありますからね、、、
ほんの少しでも自分を思い出してもらえたら、なんていうのはエゴと分かってても願わずにはいられないです笑

なんかキモいコメント返しになってしまいました笑

素敵だと言っていただけて嬉しいです!
パワーいただけました!
ありがとうございます(*^^*)

Re: タイトルなし

>Jさん

コメントありがとうございます^^

Jさん即った子に会えるからうらやましいいいいいいいです!!(笑)(笑)

ですね!
次こそはコンビ即を!笑

素敵な記事でした(*´∀`)
また先を越されちゃいましたね、おめでとうございます\(^o^)/
きっと女の子もチェリさんの雰囲気、人柄に惹かれたんですね!
そして出会いは偶然、別れは必然ですね切ない(T_T)

Re: タイトルなし

> レオさん

コメントありがとうございます(^^)

> きっと女の子もチェリさんの雰囲気、人柄に惹かれたんですね!
ありがとうございます(*´▽`*)
9割以上運ですが、僕にとって忘れられない日になりました!

そして……出会いは偶然、別れは必然。その通りです(´;ω;`)
今でも思い出すと少し胸がチクチクします笑
またスト頑張ります!!笑

かっこいいを連発されてる、たかトシさんにマウント取られっぱなしで嫉妬心を煽られましたw

一期一会という言葉を噛み締めますね(´-`)

Re: タイトルなし

> えびぞー兄さんさん

コメントありがとうございます(^^)

髪型と服装が刺さったのかなって点で、僕がカッコいいわけではないですww
僕は……普通であったらうれしいなって感じのスト値ですww

本当ですね。これからも一期一会噛みしめていこうと思います。

えびぞー兄さんさんのブログも楽しみにしてます^^

運が良かったって仰られてますけど、運も実力の内ですし、なにより声かけしなけりゃその出会いもなかったわけですから、完璧に実力だと思います(^^)

切ないですね。。エルレのサンタクロースで少し泣けてきました(T_T)

ええ記事や...おめでとうございます。
ついに自分好みの美女を即...!
ブログ読んで俺も嬉しくなりました。
先越されて悔しいところですが!w
負けてられない!笑

Re: タイトルなし

> どんりざさん

ありがとうございます!
どうしてそんな優しい言葉をかけてくださるのですか!
僕を即ってください!笑
(失礼しました!)

はい、これも宿命なのか、こういう結末になりました……
エルレのサンタクロース分かってくださって本当に嬉しいです(*^^*)
コメントありがとうございました!

Re: タイトルなし

>なっちさん

コメントありがとうございます!
たか値はゆるいので、話半分に聞いてください!笑
でも自分的にかわいいと思う子を即ることができました!

なっちさんの気持ちに火をつけることができて何よりです(^^)
ちょっとでも誰かに届くといいなって思って書いた記事なので、
嬉しかったです♪
なっちさんの報告も楽しみにしてますね!^^

素敵な話ですね!あの日にこんなことがあったとは...!途中ですっごくニヤけちゃいました(笑)官能的なのに遅漏の現実が心に突き刺さりますw僕も遅漏なのでw
最後は胸がじんじんですね〜。これからも良い出会い作っていきましょ!

↑のコメント間違えて投稿しちゃったんで削除よろしくです〜m(__)m

Re: タイトルなし

>じゅっきーさん

コメントありがとうございます!!^^

じゅっきーさんのコメントのおかげです☆
いつか必ずお会いしたいです~~!
遅漏の同志がいて嬉しいです笑

はい、これからも前むいてよい出会いを作っていきたいと思います!!
あ、前のコメ削除しました!コメントありがとうございました!!

何回読んでも素敵な記事です♡
たかとしさんの人柄あっての即ですから、完全に実力ですよ

ふたりで童貞の星を目指しましょう!

はじめまして!
楽しく読ませていただきました!
仲良くなっていく感じがすごく伝わってきました!
ちなみにヒーローアカデミアおれも好きです笑

ブロガーサミットから、飛んできました。

おもしろ〜、ボリュームもあるし

さかのぼって読んでみます。通勤の楽しみできました(´∀`)

Re: タイトルなし

> ホワイトくん

コメントありがとう!
ホワイトくんの人柄のほうが素敵だわ!

また二人でふざけ散らかそうね♡

Re: タイトルなし

> アボッ さん

アボッ さんはじめまして!お読みいただきありがとうございます!
するする仲良くなれて、本当今考えたらラッキーだったなと思います笑

ヒロアカいいですよね^^同じ趣味の方と出会えてうれしいです!

Re: タイトルなし

> ダナハさん

ダナハさんはじめまして!お読みいただきありがとうございます!

ブロガ―サミットからとのことで、本当にありがとうございます!
通勤の楽しみだなんて言っていただけてめちゃくちゃうれしいです^^

このブログは近日パワーアップさせる予定なので、よろしければそちらも見ていただければ!
ありがとうございました^^

コメントの投稿

非公開コメント